少林兄弟のひょうたん狂想曲

¥ 2,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 1,250円
    • 東北

      • 青森県 920円
      • 岩手県 920円
      • 宮城県 920円
      • 秋田県 920円
      • 山形県 920円
      • 福島県 920円
    • 関東

      • 茨城県 810円
      • 栃木県 810円
      • 群馬県 810円
      • 埼玉県 810円
      • 千葉県 810円
      • 東京都 810円
      • 神奈川県 810円
      • 山梨県 810円
    • 信越

      • 新潟県 810円
      • 長野県 810円
    • 北陸

      • 富山県 810円
      • 石川県 810円
      • 福井県 810円
    • 東海

      • 岐阜県 810円
      • 静岡県 810円
      • 愛知県 810円
      • 三重県 810円
    • 近畿

      • 滋賀県 920円
      • 京都府 920円
      • 大阪府 920円
      • 兵庫県 920円
      • 奈良県 920円
      • 和歌山県 920円
    • 中国

      • 鳥取県 1,030円
      • 島根県 1,030円
      • 岡山県 1,030円
      • 広島県 1,030円
      • 山口県 1,030円
    • 四国

      • 徳島県 1,030円
      • 香川県 1,030円
      • 愛媛県 1,030円
      • 高知県 1,030円
    • 九州

      • 福岡県 1,250円
      • 佐賀県 1,250円
      • 長崎県 1,250円
      • 熊本県 1,250円
      • 大分県 1,250円
      • 宮崎県 1,250円
      • 鹿児島県 1,250円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,470円
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 520円
通報する

12月16日発売!

【少林兄弟のひょうたん狂想曲 セルフライナーノーツ】

いよいよ発売される僕たち少林兄弟のアルバム。
「狂想曲」と言う名の通り自由自在に変化し皆んなが大騒ぎするような少林兄弟のロックンロール・アルバムだ。

1. 少林兄弟のテーマ ( Batman Theme )
ご存知バッドマンのテーマを少林兄弟風味にアレンジ。
少林兄弟ライブ開始の合図だ。
合言葉は「ハッ!ハッ!ショーリン!!」

2. Shaolin Bros R&R Show!!
まるでステージの幕が開く絵が浮かぶ。
少林兄弟の最低かつ最高なロックンロール・ショーの始まりだ。
「さぁ、ショウタイム!!」

3. パンダフル・ワールド
少林兄弟の名刺的な代表作にして名曲(自画自賛) 笑。
保育園や幼稚園、介護施設などで歌と演奏と絵で表現する「ケチャップマヨネーズ 」との歌詞のコラボで生まれた。
絵本から飛び出して来たような世界観。
笑えて何故か泣ける…。
VIVID SOUNDからアナログ7インチ・シングルも発売。

4. 東京レディ
80~90年代の化粧品メーカーのCMソングをイメージする楽曲。
東京と言うワードを入れ(東京オリンピック開催に掛けてか?) 笑。
異国の街で出会う恋のストーリー。
恋の呪文は上から読んでも下から読んでも
「スキトキメキトキス」

5. 行け!行け!東遊記
少林兄弟では初めてギターのセイ・チャンが
メインボーカルを務めたチャックベリー的なロックンロール曲。
実はチャックベリーもスラップベースなんだぜ~!
メンバーが行きつけだった中華料理屋へのオマージュ的作品。
名物店主の亡くなった彼に捧げる。

6. 狂想曲第六番
タブー的なインストナンバー。
「ちょっとだけよ~」と出て来そうだが
次曲のオーアイニーと繋がって、まるでラジオのジングルのようだ。
「オーアイニー」とささやいてるのは、
あの「野宮真貴」

7. 黄昏オーアイニー
VIVID SOUNDからフィンガー5のカバー
「恋のダイヤル6700」のアナログ7インチ・シングルのカップリングで収録された
「野宮真貴」さんとのデュエットソング。
水原弘の「黄昏のビギン」や矢沢永吉の「チャイナタウン」が脳裏をよぎる。

8. 蛇の道はヘビー
エロティックで有り、人生の教訓的な歌詞に乗せて少林兄弟得意のブギーやロカビリー的なリズム・ナンバー。
VOはワタ・ルーとセイ・チャンの男性デュエット。
何故か最後はブルーコメッツ?
「むずかしいな~」

9. 狂走曲第九番
少林寺の修行僧が朝の修行でバタバタ走り回ってるようなインスト・ナンバー。
またはドリフのコントが終わって
ステージが半回転、アイドルが登場して歌い出しそうな感じ(笑)

10. 僕らの羅針盤(コンパス)
カントリーフォーク&歌謡曲的な楽曲の中に歌詞がセンチメンタルにさせる。
遠距離恋愛なのか?または会いたくても逢えない状況の二人なのか…?
何処へ向かう…?決まってる、君の所へ。

11. カンフーツイスト
60'sロックンロール的なリズムにシャネルズやチェッカーズや吉川晃司?の世界観の歌詞がミックスされたダンス・ナンバー。
この辺は得意のギターのヒデキ・チャンがギターソロで爆発する。

12. 乾杯月~カンパイムーン~
ラスト飾るミディアム・ナンバー。
まるで映画のエンドロールが流れていくような絵が浮かぶ。
夜空にまるい月が浮かぶ。
星に願いを?
ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドの世界みたいにファンタジー。
またはジョンレノンのハッピークリスマス。
偶然か?
これを書いてるのが丁度ジョンレノンの誕生日である。

2020年10月9日 少林兄弟ワタ・ルー

ショップの評価